『レザークラフト』大人な趣味始めませんか?かなり簡単に自分で革小物作れます!

趣味の一覧はコチラから

クラフト

いつも使っている革の財布や、キーケース、カードケース、定期入れ、手帳等…実は意外と簡単に作る事が出来るって知ってましたか?

私は元々レザークラフトの材料等を売ってるお店で働いていました。レザークラフトの教室も行っており、多くの方が革製品を作れるようになっています。

革小物を作るには教室に通わないと行けないのか?答えはNOです!

あとからご紹介するセットがあれば、道具とカードケースのKIT(あらかじめ革を切ってある)が入っておりますので、すぐに始めることが出来ます。

一緒に作る仲間が欲しい、もっと色々チャレンジしたくなったら、教室も検討頂いても良いかもしれません。

作るのが楽しい、作った後も嬉しい!大人の方にかなりおすすめな趣味です。

レザークラフト(革細工)とは?

皮革を使って新しく物を作ることです。レザークラフトには革手縫いやミシン縫い、レザーカービング等があります。

初めての方におすすめなのは革手縫いです。シンプルな革小物であれば思っている以上に簡単です。

レザークラフト(革細工)はこんな人におすすめ

ハンドメイドが好きな方には全員おすすめです。また、生涯続けなくても、この小物だけ作りたい場合にもお勧めです。

まず始めるなら、革手縫いからがおすすめ

レザークラフトではじめやすいのは、やはり革手縫いです。

レザーカービングはかなりコツが必要ですので、最初は教室に通うことをおすすめします。前に私もした事がありますが、大変でした。レザーカービングはこういった彫りみたいな感じです。↓↓↓

ミシン縫いは、革用ミシンまたは、普通のミシンの場合でも最低革用の針が必要ですし、ミシンを家庭科の授業でしか使ったことない人にはハードルがたかいです。

レザークラフト(革手縫い)の始め方・道具・初期費用など

おすすめのセットがあります。私もこれから始めました。

こちらはガイドブックやカードパスケースのKITが付いてるので、すぐにでも始められます。

手縫いの仕方を文章で簡単に伝えると以下となります。

  1. 革を切る
  2. 合わせたい革同士を重ねて穴をあける(糸を通す為の穴)
  3. 糸にロウをつける(ロウ引き糸も売ってあります)
  4. 針に糸をつける
  5. 革を八の字に縫う
  6. 完成

この他に作るものによって、ホック付けたり、カシメ付けたりします。

やっぱり一人で不安な方はレザークラフト(革手縫い)のオンライン教室がおすすめ

どうしても一人ではやる気がおきない方、自信がない方はオンライン教室がおすすめです。

以下のオンライン教室はキットも含まれているので、実践的で簡単に学ぶことができますよ。↓↓

レザークラフト(革手縫い)の作品を出品する

慣れてくると様々な革製品を作れるようになります。家族や友人に作ってあげる事も出来るようになり、さらには自分で企画して製品をつくって、minneCreema等で売る事も出来る様になります。

また、今まで革製品を何となくブランドを見たりして買っていたのが、

無意識で、革の質や商品のクオリティを見るようになりますので、良い買い物が出来るようになります。

まとめ

簡単に始める事が出来る革小物ですが、定年後の趣味としてもかなりおすすめです。

最初の初期投資で1万程でかかりますが、その後は革を買っていくだけで、工具を使って、自分でオリジナル革小物を作っていく事が出来ますので、コスパも良いかと思います。

興味を持ったかたは、書籍を見るだけでも面白いと思います。

まずは騙されたと思って試して見てください!感想もお待ちしてます!

タイトルとURLをコピーしました